• 沢山の薬
  • お酒の飲み過ぎに注意

    レントゲン

    お酒に含まれるアルコールは肝臓の機能を低下させ、やがて肝硬変等の恐ろしい病気につながりますから飲み過ぎに注意しましょう。どうしてもお酒を飲まなければいけない時はサプリメントを利用し、GTPの数値を上げない工夫が必要です。

    Read more

    基準値内に下げる

    白と黒のカプセル

    お酒を毎日飲んでいると、γーGTPの数値が上昇する。γーGTPのみが高い場合、アルコールが原因と考えられるので、休肝日等も設ける必要がある。γーGTP以外のGOT、GTPも同時に高い場合、アルコール以外の肝臓の疾患が考えられる。

    Read more

    トレンドを利用する

    綺麗な病院

    肝臓の数値が気になる方はこのサイトを御覧ください!健康に関わる有意義な事が書かれていますよ!

    肝臓は生命維持のために500以上もの機能を果たしていると言われる非常に大切な臓器です。したがって、健康を保つために日頃から自分の肝臓の数値を把握して、しっかり管理することが重要です。そして、もし肝臓の数値の異常を指摘されたら早めに対処して、肝臓の健康を守ることが大切です。 肝機能の数値を改善するために最も大切なことは、食生活の改善です。バランスの良い食事を心がけ、野菜をたくさん取るようにします。そしてアルコールの飲み過ぎにも気をつける必要があります。 また最近は肝臓の機能を高め、数値の改善に有効な健康食品やサプリの需要が増え、ノンアルコール飲料の人気も高まっています。現在は、それらを活用して効率よく肝臓の健康を保つことがトレンドになっています。

    肝臓を元気にする食品は、牡蠣、しじみ、ニンニク、胡麻、大豆などです。これらの食品を摂取することが大切ですが、毎日の忙しい暮らしの中で充分に摂取できない時には、肝機能の改善に有効な健康食品やサプリを利用すると便利です。 肝機能を高め、数値を改善する成分は、オルチニン、タウリン、セサミン、レシチン、アリシンなどです。ネット検索やドラッグストアの販売員にアドバイスをもらって、これらの成分を豊富に含んだサプリを選びましょう。また、保存料や添加物を使用していない安全で高品質なものを探すことも大切です。 さらに、ノンアルコール飲料を利用して休肝日を設けることも、数値の改善に有効です。現在はビール、チューハイ、ワイン、日本酒などのテイストのノンアルコール飲料が発売されていますので、自分の好みのものを選べます。

    病気の発見

    グラスの中のサプリ

    肝臓の病気は進行して初めて発症に気づくことがとても多いです。しかし、身体に異常が起きた場合には数値に変化があるので、定期的な検査を受けることはとても大切なことなのです。

    Read more